ゆで卵を綺麗に切る裏ワザ(動画付き)

ゆで卵を包丁で切ると、断面、特に黄身がボロボロになってしまいます。

でも、たった一手間で綺麗な断面に切れるのです。

お弁当等で綺麗な断面のゆで卵だったらお子さんも喜ぶでしょう。


【残念な断面のゆで卵】


【綺麗な断面のゆで卵】



そもそも、断面が綺麗に切れないのは、包丁が原因です。

包丁は鏡面のように仕上げられているため、切るものと側面部分で摩擦が大きくなります。

その証しとして、よくキュウリを切るとキュウリが側面にくっつきますよね。


この摩擦を小さくすることが重要なのです。


【綺麗に切る裏ワザ】

そこでラップを1巻きすると、鏡面ではなくなるため摩擦も小さくなるという訳です。

やり方は以下の動画を参考にしてください。



このラップ1巻きは、ゆで卵だけでなく、

  • キュウリ

  • 太巻き

  • おにぎり

などなど、応用が利きます。



 

日常にちょっとした工夫をすると劇的に効果が上がったり、便利になったりします。

こうした発想が発明を生み、そして、それが特許と言った知的財産へと繋がり、商品化されることもあるのです。


科学も学ぶだけではなく、日常を便利にする知識として活用して、初めて先人たちが築き上げてきた科学の恩恵を受けられ、科学という学問の意義が発揮されるのです。



常日ごろ、「ふ」(不、負)を無くすという「気付きの発想」を持っていると、凄い発明家や科学者になれるの近道と言えましょう!




#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー