YouTube動画【1分間のサイエンスショー「目の錯覚 白黒がカラーに!」】

今回は【1分間のサイエンスショー「目の錯覚 白黒がカラーに!」】で、静止画像1枚をちょこっとイジって動画として作り上げました。


皆さんでも簡単に作れる錯覚の動画です。

※途中で気持ち悪くなりましたら見続けることは止めてください!



YouTubeですので、こちらから↓ http://youtu.be/iaRmGGpVQgo


【解説】

明るいライト等を見て「眩しい!」と感じ目を瞑(つむ)ると、その形が瞼(まぶた)の中で浮かんできます。

そんな経験を1度はあると思います。

その瞼の中で浮かんでいる形は何色をしていたでしょうか?

恐らく、その反対の色だったはずなんです。

反対の色?

無彩色は白の反対が黒、黒の反対が白です。

そして、有彩色は1つの環で表わせ、それを「色相環」(しきそうかん)と呼んでいます。

今回の動画で見ると、紫の反対が淡い緑、黄色の反対が青です。

こうした反対の色を補色と呼び、実物の色と反対の色が見えた現象を「残像補色」と言います。


こうした補色の関係を利用しているものとして、手術着が緑や青のワケ、牛乳パックにおいて白地に青色で印字されているものが多いワケ、お年寄りが紫色に毛を染めるワケ、等が挙げられます。



#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー


© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.