身近なものでダイヤモンドを作ろう

身近なものを使ってダイヤモンドが作れたら何て素敵なことでしょう。



そんな夢のようなお話はあるのでしょうか?


その夢を実現するために、本当に身近なものや道具を揃えると、実はダイヤモンドは作れるのです。



【ダイヤモンドの作り方】

  1. まず鉛筆から芯を取り出してください。

  2. オーブンの中を1,000℃以上にしてください。

  3. ここからがポイントです。オーブンに芯を入れ、芯全体を均一に約3万kgの力で押してください。やり方はご自身の好きな方法で大丈夫です。

  4. その状態で20~30億年キープしてください。

  5. 様子を見ながら、オーブンの電源を切り、適当に冷やしていってください。高温のままだと黒鉛という炭の1つになってしまうので注意しましょう。

※火傷や怪我には注意してください。



鉛筆の芯はグラファイトというもので、理論上グラファイトからダイヤモンドは作れます。

と言うのは、グラファイトとダイヤモンドは、同じ炭素の塊で、結晶構造が異なるだけなのです。

実際に人工ダイヤモンドは「ジルコニア」と言う名称で作られています。



#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー




© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.