楽ちん!「電池の外し方」

電池を取り外そうとして、爪を痛めたことはありませんか?

事故防止の点からも、しっかり固定される電池ですが、交換時に、そんなストレスを持つ人もいるようです。



そこで、簡単な方法を見つけました。

あるものを使います。

「カニスプーン」



+極の方へ画像のように軽く差し込み、持ち上げるだけです。



下の4秒の動画で簡単に外れるところが見られます。



力も要りません。

1つだけ注意しなければならないのは、乾電池(充電池)は傷が付くと危険性が増すものですので、傷が付かないように気を付けてください。

カニスプーンの2本の爪の部分も丸みのあるものが良いです。


一応、てこの原理を利用しています。

スプーンの爪の部分が力点、スプーンと電池ボックスの接している部分が支点、手で持つ部分が力点です。

先の方を持てば持つほど一層、必要な力は小さくなります。


このように、日常にちょっとした工夫をすると劇的に効果が上がったり、便利になったりします。

こうした発想が発明を生み、そして、それが特許と言った知的財産へと繋がり、商品化されることもあるのです。


常日ごろ、「ふ」(不、負)を無くすという「気付きの発想」を持っていると、凄い発明家や科学者になれるの近道と言えましょう!



#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー