角煮の固まった白い脂の簡単な取り方

最終更新: 5月24日

タッパーの中に角煮を入れて、一日冷蔵保存します。 その後、タッパーを開けると脂が固まり白くなっています。

この白い塊の脂を取るにはどうしたら良いのでしょうか?



【やり方】 上から、ラップをして軽く押して持ち上げると、白い固まった油がラップに引っ付き、取ることができます。


【理由】

ラップの親油性のためです。

ラップの構造上、ラップの表面は油(脂)とくっつき易い分子構造となっているためです。


ちなみに、こうした親油性は洗剤も持っていているため、洗剤で油汚れをおとすことができるのです。



日常にちょっとした工夫をすると劇的に効果が上がったり、便利になったりします。

こうした発想が発明を生み、そして、それが特許と言った知的財産へと繋がり、商品化されることもあるのです。


科学も学ぶだけではなく、日常を便利にする知識として活用して、初めて先人たちが築き上げてきた科学の恩恵を受けられ、科学という学問の意義が発揮されるのです。


常日ごろ、「ふ」(不、負)を無くすという「気付きの発想」を持っていると、凄い発明家や科学者になれるの近道と言えましょう!


#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー


© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.