ブーメラン

ブーメランですが、起源はオーストラリアといわれているのが一般的です。



が、元々の定義では、ブーメランは「キラーブーメラン」「カイリーブーメラン」と2種類に分類されていました。

前者のキラーは棒等を投げるだけ、カイリーは旋回してくるというもの。

いずれも狩猟用として衰退・発展してきました。


したがって、棒を投げて獲物に当てようという発想という点では、オーストラリアが発祥ということは断言できないのです。

どういうことかと言えば、棒などを獲物に向かって投げさえすれば、それが「ブーメランの起源」ということになり、世界のどこでも行える動作と言え、一番最初に投げた事実を特定できないのです。



ただ、言えることはブーメランは人類の歴史の中で非常に古くから伝わってきて、今も色褪せずに人気の高いという珍しいものの1つ。




ちなみに、旋回してくるブーメランは意外と簡単に投げられると思われがちですが、とんでもありません!

ブーメランは正しいチューニングが必要ですし(木製は旋回するものと飾りとして作られているものの2種類があり、それを見極めなければなりません)、正しい投げ方をマスターしないと自身のケガや他人へのケガの原因となります。




そうしたブーメラン工作や投げ方教室を行いたいと思いましたら、お気軽にお問い合わせください。


Copyright © 2019 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.