「鳩避け(ハトよけ)と磁石」の雑学

今回は「鳩避け(ハトよけ)と磁石」がテーマ。


ベランダ等に鳩が糞をして汚れて困り、その対策として、CDをぶら下げたり、ネットを張ったりと、色々な試みがなされています。


が、ここでは、鳩避け(ハトよけ)として磁石を使ってみてはいかがでしょうかとご提案します。

鳩には体内に方向感覚を決める優れたコンパス(磁気センサー)があります。




この磁気センサーを狂わせるために、ベランダ等、鳩避けしたい場所に1~2m感覚で大きめの磁石を取り付け(吊り下げ)ます。

こうすることで、鳩にとって嫌な環境となり近付かなくなります。

これは、鳩以外にカラスにも有効と言われています。

補足ですが、ルリノジコといった渡り鳥も優れた体内コンパスを持っています。



大きめの磁石が良いという理由は、下のイラストのように磁石には磁界があり、磁石が大きければ磁界も大きくなるからです。

磁界とは、簡単に言えば、磁石の力(磁力)の影響を及ぼす範囲のことです。




つまり、強力な磁石より、磁界の大きい磁石を選ぶことが効果的ということなのです。


ところで、地球も磁界が存在します。

この磁界を敏感に感知し、渡り鳥は長い距離を移動できると考えられています。




ここで、余談です。


人間も体内磁石を持っています。

もちろん、進化するにつれ(文明が発展することにより)、体内磁石は退化してしまいましたので、鳩のような影響を受けません。


その証拠に、砂漠やジャングルに住む民族(原住民)は体内磁石が強いと言われています。

しかし、北枕、南枕として地球のN極やS極の方へ頭を向けている時間を長くして生活すると、体内磁石が強化され、方向音痴が無くなるという一説もあります。


また、裸か棉の衣服でいると体内磁石が強化されるという説もあります。


善ちゃんブログ「ハトはなぜ平和の象徴なの?」 も一緒にご覧ください。

https://www.science-show.net/zenchan-blog/hatonozatubaku



© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.