ヒトがいるように見える現象

心霊写真、人面魚、人面犬、猿岩(黒崎半島)、ガマ石(筑波山)、天狗岩(宝剣岳)等々、人に見えたり、動物に見えたりし、怖がったり、話題になったり、奉ったりしています。


それはパレイドリア(pareidolia)現象、またはパレイドリア効果と言い、心理現象の一つです。

雲の形でいろいろなモノをイメージできたのも、この現象によるものです。


しかも、この現象は視覚だけでなく、

実は、愛犬や愛猫が「ご飯」と喋ったと聞こえるのも、この現象によるものです。




例として、下の画像の中心辺りに「立っているヒト」がいますよね?


〇で囲んだところです。


でも、もっと拡大すると


その正体はエアコンの室外機とその配線でした。



ちなみに、3点さえあれば、人の顔に見えてしまう現象はシミュラクラ(simulacra)現象、また和訳して類像(るいぞう)現象と言います。

例えば、接地コンセントの3つの穴で人を連想できると思います。

火災報知機もシミュラクラ現象で顔に見えます。



シミュラクラ現象はパレイドリア現象の1つです。



 

日常にちょっとした工夫をすると劇的に効果が上がったり、楽しい遊びになったりします。


こうした発想が発明を生み、そして、それが特許と言った知的財産へと繋がり、商品化されることもあるのです。


科学も学ぶだけではなく、日常を便利にする知識として活用して、初めて先人たちが築き上げてきた科学の恩恵を受けられ、科学という学問の意義が発揮されるのです。


常日ごろ、「ふ」(不、負)を無くすという「気付きの発想」を持っていると、凄い発明家や科学者になれるの近道と言えましょう!


#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー