動画【1分間のサイエンスショー「花火の色だよ! 炎色反応 その2」】

前回に引き続き、花火の色の実験です。

他の色を出してみました。



YouTube動画ですからこちらから↓

http://www.youtube.com/watch?v=wnFJ6Lez4UI&feature=colike


今回は、塩化バリウムで黄色、そして、塩化リチウムで赤が発せられました。


バリウムと言うと、健康診断で聞き覚えのある物質ですし、リチウムと言えば、充電池として知られています。


これら2つの物質も科学の中では金属と分類されています。


ただ、ひとえに金属と言っても、例えば、鉄は金属ですが、砂鉄は金属ではなく酸化鉄です。

とややこしい感じがします。


ナトリウムも金属ですが、酸素と触れると激しく結合しようとする、つまり、ナトリウムが空気に触れた時点で発火するという物質です。

しかしながら、塩素と結合したナトリウムは、塩化ナトリウムと言う金属ではなくなり、あのしょっぱい「塩(しお)」になります。

勿論、食塩を火にふり掛けると、オレンジ色の炎色反応が見られます。



美しい花火、そのほとんどは金属物質が放つ色。


「たまや~!」の代わりに

「銅の色や~!」「リチウムや~!」なんて声を放つのも粋(いき)かもしれません。

#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー

Copyright © 2019 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.