YouTube動画【1分間のサイエンスショー「手品? ハンドパワー 反り返る紙」】

最終更新: 3月16日

到底、本格的な手品とは言い難いですが、小さなお子さんが不思議がる手品っぽい(ハンドパワーっぽい)科学実験です。




YouTube動画ですのでこちらから↓

http://youtu.be/VuHddDeHOfM


【原理】

セロハンは湿気を帯びると伸びるという性質があります。

したがいまして、手に載せると、手は湿気を帯びていますから、セロハンの下側が伸びるのです。

加えて、手からは上昇気流も発生していますので、その動きも顕著になります。


白い「ある」紙の正体は、トレーシングペーパーです。

セロハンより少々厚く重いので動きはゆっくりですが、同様の性質を持ち合せています。 身近な現象としては、お好み焼きに載せる鰹節がヒラヒラするのも、これと同様です。

なお、セロハンもトレーシングペーパーも反り易い方向がありますので、確かめて行うと、動きも大きく楽しく実験できます。



全国各地、善ちゃんのサイエンスショーで開催しています。

ほかにも、科学教室、工作教室、科学講座など幅広いプログラムもご用意しています。

子ども会、学校行事、PTA行事から一般イベント等幅広く、お問合せをお待ちしてます。


#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー

© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.