YouTube動画【1分間の科学実験「マッチ箱で運動量保存則の実験」】

最終更新: 3月3日

地味ながらも、ちょっとした自慢できる技としても使えるであろう科学実験の紹介です。


YouTube動画ですのでこちらから↓

https://youtu.be/DVaR9eQSUzQ




マッチ箱を直立に持ち、ある程度の高さから落下させます。

大きな確率でマッチ箱は倒れます。


そこで、マッチ箱の中箱を少し上部へ出します。

そして、同様に落下させると、マッチ箱は倒れず立ちます。

※コツは中箱をどれだけ上部へ出しておくか



【解説】

落下したマッチ箱が机の上でぶつかる直前と直後の運動量が一定であるという法則を利用します。

運動量は「速さ×質量」で決められます。

そこで、マッチ箱の中箱を少し上部へ出しておくと、机にぶつかる際、跳ね返るエネルギーとはならず、中箱が元通りにマッチ箱へ収まるエネルギーになるため、立ちやすくなる訳です。



全国各地で行っている善ちゃんの出張サイエンスショーや工作教室は好評です!

笑える構成でありながら本格的な実験で内容も濃く充実したる構成です。

お気軽にお問い合わせください。



© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.