「もっともお金をかけないメガネの曇り止め」の雑学

今回は「もっともお金をかけない #メガネの曇り止め」の #雑学 です。


寒い時や梅雨時に、ラーメンを食べている時、鍋料理の鍋のフタを取った瞬間、メガネが曇ってしまうことって多々ありますよね。


このメガネの曇り止めとして、#唾(ツバ)を塗布すると効果があります。



唾には、#尿素#ムチン という物質が含まれ、それらが膜を張ります。

尿素は、曇り止めの役割、ムチンは粘着性の成分で膜を張る役割を果たしています。


唾だけに、やっぱり日常生活において、実用的ではありませんね。

良いコは絶対に真似してほしくありません!



◆尿素とは

尿素は動物の尿中に存在しているのでこの名がついています。

その名前からは汚いモノと連想してしまがちですが、最近はハンドクリーム等にも含まれていて有用なモノとして理解され始めてきました。

尿素はアンモニアと二酸化炭素の化合物であり、窒素肥料として有名な有機物です。



◆ムチンとは

山芋や納豆などに含まれるネバネバの成分で、人の鼻の粘膜などにも含まれている糖とタンパク質が結合して作られている多糖類の一種です。


Copyright © 2019 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.