YouTube動画【1分間のサイエンスショー「電子レンジで危ない実験」~せっけん~】

最終更新: 3月3日

大変、危ないので、くれぐれも安全に行える専門の人のもと、実験してみてください。


YouTube動画ですので、こちらから↓

https://youtu.be/GRwpeyl5GuQ




【解説】

電子レンジのスイッチを入れると、せっけんの中の水分子が激しく振動し、摩擦熱が発生し、内部から発熱します。

これを誘導加熱と言います。

水はプラスとマイナスの極がある「極性分子」のため、電磁波により分子が振動します。

石けんも水分を含んでいるので、ブクブクと膨らんでいきます。


この実験後、膨らんでしまった石けんですが、この石けんをお菓子の型などで押して取り出すと、なんと泡立ちの良い柔らかいオリジナル石けんもできちゃいます。

普段使っている石けんが小さくなったら、いくつかまとめて、電子レンジでこのオリジナル石けんを作ると楽しいと思います。

ただし、非常に高温になりますので、火傷などにはくれぐれもご注意ください。



石けんの材料によって泡立ちが異なったりしますので、今回はイマイチだったかもと反省しつつも、刺激の小さい肌に優しい石けんを作って、その余りを実験用として使っています。



今回は電子レンジを使った科学実験を中心に科学教室を行うため、こうした電子レンジの動画をいくつか撮影しました。

実際に電子レンジを目の当たりに行う科学教室はスリル満点ですし、非常に楽しくてタメになる教室です。

こうした善ちゃんの出張科学教室(サイエンス教室)も全国各地どこへでも出向いて開催しています!


© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.