君が代に歌われる「さざれいし」って何?

今回は、「さざれいし」。


「君が代」で歌われる「さざれ石」、言葉では聞いたことがあるけれど、意外と意味も分からず歌っていたり、知っていても実物を見たことのない人も多いようです。


「さざれいし」とは、漢字で書くと「細石」で、そのとおり、もともとは小石、細かい石の意味であったようですが、現在では、長い年月を経て、小石の欠片の隙間を炭酸カルシウム等で埋められて作られた塊(岩石)のことも言います。


【さざれ石】

(関市立富岡小学校校長室にて展示)


岐阜県が主要産地であって、揖斐川町では天然記念物に指定されている「さざれいし」もあります。


「君が代」では、「さざれいしの巌となりて苔のむすまで」と歌われています。

その意味は「小さな岩が巌(かたまりの意味)となって苔が生えるまで」で、「さざれ石が神の石を指し、神の力が世に未来永劫続きますように」という願いを込められているようです。




#善ちゃん #北沢善一 #雑学 #サイエンスショー #出張サイエンスショー

© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.