残念で可哀そうな花

今、非常に美しい花を咲かせています。



名前は「#ボケ」。

とても残念な名前です。





由来は瓜に似た果実から「木瓜(もけ)」が転訛(※発音が訛りによって変わる)されたとか、「木瓜(ぼっくわ)」から転訛されたと言われています。


しかも学名は「Chaenomeles speciosa」で、speciosaは「美しい」「華やか」と言う意味です。

ちなみにChaenomelesの意味は「大きく裂けたリンゴ」で少し的外れな属名と、可哀そうなことにされています。


花言葉は「妖精の輝き」「先駆者」「指導者」「平凡」と平凡以外は素敵な意味を持っています。



美しい花で学名も花言葉も素晴らしいのに、ボケって本当に可愛そうな名前です。



ちなみに「ぼけ」とは「呆け/惚け/惚け」と書き、本来の意味は「記憶力が鈍ること」「頭の回転が悪くなること」で、それが転じ「何もしないで、ぼんやるする様」「とぼけた役を演じる人」「カメラなどで被写体の輪郭をはっきりさせないこと」と言う意味で用いられています。


© 2020 Kagaku-no-kaisha Co,LTD., All Rights Reserved.